学習と能力開発

テトラパックでは、戦略の実行で従業員 1 人 1 人がそれぞれの役割を果たします。 そのため採用時から退職時まで、従業員のリーダーシップや技術能力に対する投資は、テトラパックの事業の成功に対する投資でもあります。テトラパックにおける生産的キャリアは従業員が支えているからです。

能力の構築

学びの文化を推進して企業全体で知識と経験を共有することは、テトラパックが最も優秀な人材を惹きつけ雇用すると同時に、従業員自身の可能性を最大限に活かす環境を作ることを可能にします。 従業員は継続的な学習や能力開発を要求することができ、自身の個人的目標に合わせて、テトラパックの企業戦略にも貢献できます。 テトラパックは、お客様の理解、リーダーシップ、プロジェクト管理から、営業やポートフォリオ管理に至るまで、さまざまな業務に対する従業員の能力開発を支援します。  

学習と能力開発の図

テトラパックの持続可能な使命に完全に準拠して業務を遂行するためには、必須の行動規範トレーニングのほか、環境管理トレーニングやコーポレートガバナンスに関する E ラーニングモジュールが受講できます。 定期的な実績評価は全社的な評価プロセスの一部で、個人の目標(リサイクル率や温室効果ガス排出量などの環境目標を含む)を達成した従業員には報奨金が付与されます。

テトラパックの学習および能力開発プログラムは、高パフォーマンスの社内文化 – そこでは才能の尊重、評価、報奨の付与 – の構築を促すように設計されています。

チームのリーダーは、メンバーの能力を最大限発揮させるにはどのような支援が必要か把握できるように、毎日メンバーと言葉を交わします。 テトラパックの学習ポートフォリオは、戦略的能力、将来の人材、および従業員をテトラパックの一員としての自覚を育てることを中心に構成されています。

Strategy 2030(戦略 2030)が策定されると学習は一層重要視されるようになりました。中心の課題は適切な能力を身に付けることです。 それに伴い、2019 年には次が実施されました。

  • 将来の成功に結び付く新しいリーダーシップ行動(ダイナミズムの作成、生産性の向上、能力の構築)の構築。

  • 包括的な新しいリーダーシップ開発ポートフォリオに対する取り組みの開始。

  • 新人研修プログラムの完成(これは現在すべての新入社員が利用可能)。

  • すべての従業員に対して LinkedIn Learning を開始 (予想を超える 56% の普及率と平均 90 分の使用時間)。

  • 学習をサポートするための継続的なフィードバック文化を推進するというパイロットが成功し、このアプローチを組織全体に適用開始。

学習と能力開発の詳細について