大粒のフルーツ片で新しい価値を

大粒のフルーツ片入りの常温ヨーグルト ドリンク生産の完全ソリューション。

忙しい現代人のために

今日の人々の多くは競争の激しい生活を送っています。 すなわち、食品と飲料を持ち歩いて外出先で飲食することを好むということです。 また、便利で味のよい食品と飲料を消費します。 とはいえ、従来のファースト フードを利用したくはありません。

では、何が彼らに適しているのでしょうか? 1 つの答えは、 大粒のフルーツ片の入った長期保存の常温ヨーグルトドリンク*です。

詳しくは当社にお問い合わせください

最新のヨーグルト生産

常温ヨーグルト ドリンクは冷蔵の必要がありません。 すなわち、現代のライフスタイルにぴったりの飲料です。 この飲料の売上が劇的に増えたのも不思議ではありません。 消費者に関する洞察*でも、大粒のフルーツ片が好まれることがわかっています。

持ち運びに便利な テトラ・トップ® 200 ミニ パッケージの完全なソリューションを利用すると、最新のトレンドを取り入れることができます。 当社の専門知識によって新たなビジネス チャンスを開拓し、大粒のフルーツ片を利用しましょう。

詳細については、「常温ヨーグルトへの理解*」をダウンロードしてください

加熱処理に関する専門知識

製品に果肉を入れるには慎重さが必要です。 1 つの課題は適切な加熱処理を行うことです。 当社の調査によって、熱交換器の熱伝導に及ぼす果肉の影響を予測できるようになりました。

その結果はどのようなものでしょうか。 食品の安全性確保と製品品質の向上。

固形食品の加熱処理の詳細をご覧ください

パッケージングに関する専門知識の成果 – テトラ・トップ® 200 ミニ

テトラ・トップ 200 ミニ – 広い開け口。

広い、ワンステップ オープニング

このパッケージは、再封可能なキャップを 1 回ひねるだけで開けることができます。 飲みやすい開け口は飲料の流れに合わせて最適化されており、最大で 10 × 10 × 10 mm のサイズのフルーツ片を通すことができます。

テトラ・トップ 200 ミニ パッケージ

簡便性を実現する設計

テトラ・トップ200 ミニは持ちやすい製品です。 持ち歩くにも飲むにも最適なサイズと形状になっています。 加工に関する当社の専門知識によって、異なるパッケージ間でも 1 つのパッケージ中でも、フルーツ片が均等に分配されます。

包材の説明。

ヨーグルトに最適化

ヨーグルトは光に敏感です。 テトラ・トップ 200 ミニは、製品の品質を維持できる非常に頑丈な材料でできています。

このパッケージは FSC™ 認定のボール紙で用意されています。

スムーズなイノベーション

当社では、長期保存ヨーグルトの加工とパッケージングの完全なソリューションを提供しています。 製品の配合の検証から最適なライン ソリューションまで、ヨーグルト生産に関することなら何でもサポートします。

さまざまな加工に材料がどのように反応するかが気になりますか? 当社のプロダクト ディベロップメント センターが検査をサポートします。生産を中断する必要はありません。 すなわち、当社の専門知識によって複雑さや不確実さなしで新しいものにチャレンジできるようになるのです。

新たなビジネス チャンスを開拓しませんか?

*常温ヨーグルト ドリンクは発酵後に加熱処理されます。 市場によっては生培養菌のある製品にしか「ヨーグルト」という語を使用できないことがあります。
**出典: Tetra Pak Inclusions Study (テトラパックによる添加材料の研究)。